出会いで気分転換

出会いで気分転換
セフレと親しむ
人妻の質問
熟女の病
不倫の真似事
メル友の過ち
アダルトの好むところ
無修正に限る
アダルトビデオを拾う
カリビアンコムは天国
天然むすめの手を引く
ホーム >>

シックビルディング症候群


シックハウス症候群(シックハウスしょうこうぐん)は、建築用語・または症候のひとつ。新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名。 海外ではSick building syndrome(シックビルディング症候群)と呼ばれるが、日本ではオフィスビルや病院等の住居以外の建築物で起きるものを特にシックビル症候群と呼んでいる。また、最近になって新品の自動車でも同様の症状が報告されており、シックカー症候群としてマスメディア等で取り上げられている。

深刻な問題


概要
シックハウス症候群の問題は、生活の基礎となる住宅が原因であるため、家という大きな買い物をした人にとっては深刻な問題となりやすい。特に原因が判らない時代には、自宅療養して問題が更に大きくなるケースも見られたとされる。 この症状を含む症候では、家屋など建物の建設や家具製造の際に利用される接着剤や塗料などに含まれる有機溶剤や、木材を昆虫やシロアリといった生物からの食害から守る防腐剤、またはそれに類する以下のような揮発性有機化合物 (Volatile Organic Compounds, VOC) に影響されているものと考えられている。 シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会(厚生労働省)によるシックハウス影響物質

報告
またシロアリ等の害虫駆除などによる殺虫剤の影響である場合も報告されている。 これらは近年の住宅が特に、冷暖房効率を向上させるため、気密性に優れている事から換気が不十分で悪化しやすいとされ、また昭和30年前後から始まった高度経済成長期の住宅建材の大量需要に併せて木目を紙に印刷して木材のように見せるプリント合板に代表される新建材等が盛んに現代建築に用いられ、これらが既に欠く事が出来ない要素であるために、1990年代より問題視されるようになってきた。1980年代には、既にこれに該当すると思われる症例も報告されていたが、この頃には原因不明とされ、自宅療養などで更に症状が悪化するなどのケースもあった模様である。また同種の問題が新築のビルやマンション、また病院などでも起きていたケースもあり、1990年代になって原因がはっきりしてくると、次第に社会問題となっていった。 これは出会い過敏症の一種とされ、原因物質を生活環境から減らすために、充分な換気や建築材料等の制限をしなければならない。特に近年では、法的な規制もあり、原因物質を含まない建材や接着剤・塗料も開発・発売され、建築業界でも積極的にこれらの製品を取り入れている。

敏症の未開性
又、出会いの人体に及ぼす影響について、未だ解明が進んではいないが、専門家の間では近年激増の傾向にある近視やドライアイ、花粉症などを含めた現代病の根源にある種の出会いの摂取がある、という説が囁かれている。[要出典]また、多様な症状を有し、いずれの症状も出会いを遠ざけることで軽減することから未病そのものが出会い過敏症ではないかとする意見もある。

法規制のうごき
2002年 建築物における衛生的環境の確保に関する法律の改正により、特定建築物における新築や大きな模様替等が行われた後、最初に到来する6月〜9月(気温が高い時期)に、ホルムアルデヒドの測定及び対策が義務づけられた。 2003年 建築基準法の改正により 建築材料をホルムアルデヒドの発散速度によって区分し使用を制限 換気設備設置の義務付け 天井裏等の建材の制限 クロルピリホス(防蟻剤)使用建材の制限 などが定められた。

関連項目

参考

  • 過敏症
  • アトピー性皮膚炎
  • ハウスダスト
  • 建築物における衛生的環境の確保に関する法律

Yahoo!検索

ホームページ 無料